肥満が引き起こす健康障害

肥満解消法,健康障害,睡眠

肥満体型の人は、国内でも多くなっています。

 

肥満になると、体には様々な悪影響があるといいます。

 

標準の状態よりも体内の脂肪率が高い人や、体重が多い人を肥満といい、程度には個人差があります。

 

BMIを計算することにより、肥満体型かどうかを知ることが可能になります。

 

BMIが25より多く、内臓脂肪が多い人は肥満症と判断され、肥満を改善するための治療が必要であると医師から診断されます。

 

肥満体型で体のサイズが増えると、毛細血管も長くなります。

 

肥満が健康によくないと言われる理由は、ここに原因の一つがあります。

 

心臓のポンプ力にある程度の力がなければ、毛細血管の先まで血液を運ぶことができなくなります。

 

肥満体型の人は、標準体型の人と比較すると、心臓疾患にかかる割合が1.5倍も多くなると言われているほどです。

 

肥満が引き起こす様々な症状

 

歩く時は、膝には体重の2倍から3倍の重みがかかります。

 

体重が重いほど負担が大きくなるわけで、肥満になると膝を痛める可能性があります。

 

同様の理由で、腰に負荷がかかることもあります。

 

肥満体型になると、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

 

首の周囲に脂肪が蓄積されることによって、気道が確保しづらくなるためです。

 

生活習慣病と呼ばれる高血圧、高血糖、高脂血症にもなりやすくなります。

 

女性特有の症状が、肥満の影響で出ている可能性もあります。

 

肥満のために卵巣の機能に影響が起き、生理がとまったり、不妊になったり、子宮に腫瘍ができることもあります。

 

健康な体を保つためには、肥満にならないように気をつけてください。


健康的な肥満解消法

健康を保つためには、肥満体型を改善する必要があるといいます。

 

どんなことをすれば、肥満対策に効果があるダイエットができるでしょう。

 

病気の予防のためにも、肥満解消を目指しましょう。

 

もしも、肥満の人がダイエットを目指すのであれば、食習慣の改善が重要です。

 

毎日食べるものを見直すことが、肥満になりにくい体づくりになります。

 

カロリー過多な食事をしていることが、肥満の人にはしばしば見られることが指摘されています。

 

夕食が過食気味にならないようにするためには、朝食をしっかり摂る習慣をとることです。

 

晩ご飯を大めにしていると、就寝時間までに摂取したカロリーを使いきることができません。

 

バナナやヨーグルトのような、手軽に朝食代わりにできるものを常備しておけば、忙しい朝でも朝食を摂取することが可能になります。

 

カテキンを含むお茶が、朝の飲み物には向いています。

 

また、寝る3時間前になったなら、食事は控えるようにします。

 

糖を含む食事をすると、就寝中に中性脂肪になります。

 

肥満体型から健康的な標準体型になるためには、代謝が高くなるように活動量を増やすことも大事です。

 

テレビを視聴しながら軽い運動をしたり、徒歩や自転車での移動距離を伸ばしたり、階段を積極的に利用するなどします。

 

ストレスが溜まると、たくさん食べることでストレスを解消したくなります。

 

ストレスをためないことも、肥満対策には効果があると言われています。

 

肥満を改善し健康な体質になるためには、メンタルを整えることも重要な役割を担っているのです。

健康な睡眠が肥満を防ぐ

健康のために肥満の対策をする必要性が注目されていますが、肥満対策に有効な方法として、睡眠時間の確保があります。

 

7~9時間は眠るという人と、一日4時間しか寝ない人は、睡眠時間が短い方が73%の確率で肥満になりやすいといいます。

 

肥満率の高さは5時間で50%、6時間で23%と言われています。睡眠時間が短い人ほど、肥満になりやすいと考えていいでしょう。

 

肥満と睡眠との間にはどんな関係があるのでしょうか。

 

起きている時間が長ければ、それだけお腹が空いてものを食べたくなり、たくさん食べてしまう頻度が多くなります。

 

レプチンというホルモンが体内で分泌されると、食欲が抑えられる働きがあります。

 

満腹はお腹で感じるものでなく、脳の満腹中枢が機能して起きるものです。

 

また、胃ではグレリンという物質がつくられ、食欲を高める作用があるといいます。

 

長い時間起きているとお腹が空くのは、体内のグレリンが多くなり、レプチンの働きが弱くなることが関わっています。

 

8時間睡眠をとっている人と、5時間睡眠の人の血液を調べると、5時間睡眠の人はグレリンが14.9%多く、
レプチンが15.5%少ないというデータもあります。

 

肥満の要因の1つである味の濃いジャンクフードや、甘い食べ物も、睡眠時間が短い人の方が好んで食べたがるようになるとされています。

 

深夜にもかかわらず、ラーメンやアイスについ手が出てしまうのも、理解できる話です。

 

規則正しい就寝時間と起床時間で、十分な睡眠が得られるようにすることが、肥満対策による健康増進では必要です。

 

[効果的な肥満解消法&肥満による健康障害と睡眠]関連情報